結婚の費用

結婚の費用

結婚の費用

結婚費用は会費制披露宴中心の北海道を除けば、いずれの地域の相場も平均400万円以上です。挙式・披露宴費用だけでも、北海道以外の地域では300万円以上かかっています。

しかし、招待客の人数が多い地域ほど、ゲスト一人あたりの挙式・披露宴費用は低い傾向にあるなど、どんな項目に費用をかけるかは、地域によってかなりの差があるようです。結婚式は地域の習慣が大きく影響し、費用の使い方に地域差があるようです。

こんなに多くの予算が必要な結婚ですが、そのための貯金といっても二人で貯めるには限界があります。そんな事情もあり、地域によってかなり偏りはあるもののきちんとした式や披露宴を挙げるには両家の援助や費用の分担は不可欠なようです。

披露宴のゲストのあて名書きを式場スタッフに任せるのでなく、自分たちで担当するなどちょっとした節約も駆使して負担をなるべく軽くするワザもあるようです。

結婚費用とは、結納から新婚旅行までにかかった費用ということです。不況、就職難、婚活と結婚を取り巻く環境はよいとはいえない中でも、多額の費用が掛けられているようです。それだけ結婚とは本人はもちろん親族にも大切なイベントといえるかもしれません。

婚約から結婚式の後まではさまざまな費用の支払いが発生します。どの時期に、どんな費用の支払いが必要になるのか、また、どんな方法で分担するのがベストかじっくり話し合っておきたいです。


suto4520 at 11:45|Permalink

結婚の費用の分担

結婚の費用の分担

結婚費用の分担といえば親からの費用援助の割合が大きいです。結婚費用の分担は、それなりの規模の結婚式を挙げようとすると、当然、大きな金額のやりとりが発生します。

結婚費用の分担は結婚する二人で貯めた貯金を使うケースもありますが、実際のところ7〜8割のカップルが、親からの援助を受けて挙式や披露宴を行っています。土地柄もあり、本人たちの要望以上のものを親が望んで豪華な結婚式になる場合は特に親が費用を分担する割合が高くなります。

かつて結婚費用は、新郎新婦が6対4の割合で分担、受け持つといわれてきましたが、最近の分担は親との折半が主流です。しかし、結婚に対する考え方や地域の習慣の違いから、トラブルの原因になりやすいのが結婚費用の分担です。挙式直前には平均して300万円のお金が必要となるため、分担をするなら前もって両家で話し合っておきたいです。

招待客の人数の差や新郎と新婦の衣裳代の違い、また金銭感覚の違いもあるため、結婚費用の分担を両家で決めるには、事前の話し合いが不可欠です。各家の出費に不公平感がないように「ゲストの人数割り」にする、両家で新しい家庭を築くのだから公平に「折半」にするなどの考え方が一般的ですが、最近では「各自負担」を取り入れた方法も増えています。結婚費用の分担はトラブルを避けるためにも不公平感のない方法で分担は人数割り、折半、各自負担を上手に組み合わせたいです。


suto4520 at 10:53|Permalink

結婚の費用の内訳

結婚の費用とは結納から新婚旅行まで諸々含めると総額423万円になるそうです。結婚の費用は昨年より10万円程下がったようです。(リクルート・結婚情報誌「ゼクシィ」2010年の「結婚トレンド調査」)

結婚の費用は地域により差があり、最も金額が低いのは会費制披露宴が中心の北海道で平均263.5万円です。華やかな結婚式が多いとされる東海地方をはじめ、首都圏、北陸地方、北関東では450万円を超えています。

結婚費用の中で最もお金がかかるのは挙式・披露宴費用で、全国平均は330.7万円です。その40%近くを占めるのが披露宴の料理・飲物費で125.5万円です。次いで新婦の衣裳費43.4万円、引出物などのギフト費33.7万円となっています。

結婚費用は招待客の人数が多い地域ほど、ゲスト一人あたりの結婚費用は低い傾向にあり、招待客人数が平均115.2人と最も多い青森・秋田・岩手地方は、ゲスト一人あたりの結婚費用が平均4.0万円です。招待客人数が平均59.8人で最も少ない富山・石川・福井地方は、ゲスト一人あたりの結婚費用は5.9万円でした。

結婚費用は結婚式や披露宴だけでなく新生活に必要な家具・家電製品購入費用、引っ越し代金、家賃などの諸経費も別途かかるため、600万円程度が今どきの結婚にかかる費用の相場といえそうです。


suto4520 at 07:25|Permalink

結婚式の費用の分担

結婚式の費用の分担

結婚式の費用の分担もしっかり決めておきたいです。結婚式にはお金がかかる、とはよく言われることです、結婚式準備をする前に、一体何にどれだけかかるのか、しっかりと把握し、結婚式の費用の分担が必要ならこちらも事前に決めておきたいです。

結婚式の費用の分担は挙式料や披露宴の費用などです。両家分担については昔は4:6で、新郎側が多く分担する習慣がありました。地域による慣習が強く残っている場合は別として、現在では、一般的に双方が公平に結婚式の費用の分担をする傾向にあるようです。

結婚式の費用の分担の方法については、これといったきまりがあるわけではないので、細かい点まで双方でよく話し合い、納得のうえで分担することです。

花嫁の衣装代とそれにかかる美容・着つけ代、美容師への祝儀は花嫁側が、花婿側の貸衣装や着つけ代などは花婿側がそれぞれ分担し、挙式料や席料、写真代、ウエディングケーキ、招待状など共通にかかるものは両家で折半、披露宴の料理や引き出物、遠方から招いた客の交通費と宿泊費などは人数分の頭割りで分担します。

ただし、これはあくまでも一例ですから、両家の考え方や事情で結婚式の費用の分担方法は当然変わってくるでしょう。結婚式の費用分担を考えるときに念頭に置いておきたいのは、「これが決まり」というものはないということです。両家で納得しているのであれば、どのように結婚式の費用の分担をしようと自由です。


suto4520 at 07:14|Permalink

披露宴の費用の分担

披露宴の費用の分担

披露宴費用の分担は、誰がどれだけ出すのが正しいのか悩んでいる人も多いようです。しかし、両家の考え方や地域のしきたりなども関係するため、披露宴の費用の分担でどれが正しくてどれが間違っているとはいいきれないところがあります。

お金のことで、二人の間や両家の間に、この先ずっとしこりが残ることもありえますから、とにかく話し合いのもと、新郎と新婦、そして両家が納得した上で披露宴の費用の分担をするのが一番といえます。

披露宴の費用の分担の仕方には、主に3つの方法があるようです。

1つ目は、かかった費用の総額を一定の比率、例えば5:5や6:4で分担する方法です。招待客の数や衣裳の費用などにかかわらず、比率を決めて披露宴の費用の分担をする方法です。

最近では、披露宴費用の分担を両家5:5の折半で分担する人が増えているようです。結婚式や披露宴は二人のもの、両家のものという考え方に基づいているようです。

2つ目は、項目別に披露宴費用の分担をするやり方です。例えば、招待客に関するものは新郎側が、二人に関わるものは新婦側と分ける方法です。

3つ目は、招待客数の比率で全体を割る方法です。新郎側と新婦側で招待客の数に大きな差が出た時にも、公に披露宴費用の分担ができるのが特徴です。

披露宴費用の分担はこのやり方が正解というものはありません。両家の考え方や二人に合った分担方法を考えるのがベストです。


suto4520 at 11:45|Permalink

結婚指輪の費用の分担

結婚指輪の費用の分担

結婚指輪の費用の分担は結婚する二人が分担するケースが多いようです。

結婚指輪の平均額は20〜25万円が最多価格ゾーンで、金額は年々増加傾向のようです。お互いで購入しあう、合計金額をふたりで折半、共同財布で負担、など結婚指輪の費用の分担方法はさまざまです。

マリッジリングはずっとつけ続けるものなので、デザインはもちろん着用感や素材までこだわる方が多いようです。

結婚指輪の費用分担の相場とは、婚約指輪は男性が、結婚指輪はそれぞれが負担するパターンが多くみられます。

結婚指輪の費用の分担は特に決まっているわけではないですが、マリッジリングの購入費用は男女で半々に分担するのが一般的です。

結婚指輪と違って、エンゲージリング(婚約指輪)は男性が費用負担するものですが、なぜ結婚指輪の費用はお互いに折半で分担するものなのかというと、エンゲージリング(婚約指輪)は男性が女性へと贈るのですから、男性側が費用を負担します。

しかし、結婚指輪は「終わりのない永遠の愛」を誓うという意味を持ち、新郎新婦のお互いで交換しあいます。ですので、相手の結婚指輪は自分が買うことになり、費用もお互いが分担することになります。

結婚指輪は自分の分は相手に買ってもらう。という風に考えると分かりやすいかもしれません。


suto4520 at 07:11|Permalink

 結婚指輪の通販 ブリリアンス+
インターネット販売のみの専門店です。100万通りの組み合わせの中から、好みのダイヤモンドとリングを選んでオーダーメイドできます。店舗運営費や無駄な広告費、流通コストを減らして、低価格を実現しています。[詳しく知る]BRILLIANCE+
 カデンシア+ブライダル
オーダーメイドとリフォームジュエリーの専門店として、高島屋に店舗を構えています。実店舗を持つ工場の直営店の強みで、品質にこだわったグレードの高いジュエリーを、お求めやすい価格で提供しています。[詳しく知る]BRILLIANCE+